コミュニケーションデータを活用した新時代の人材マネジメント              パナリットのONA

ONAはOrganization Network Analysisの略であり、

日本語で「組織のネットワーク分析」といいます。

従業員の行動データから、従来の手法よりもリアルタイムかつ客観的に組織のエンゲージメントや生産性を把握することができます。

※現在特許出願中※

リモートワークにより、約7割のマネージャーが「チームのマネジメントが難しくなった」と回答*1

特にチームの生産性やエンゲージメント低下への懸念が増加しています*2

ネットワーク分析が解決する課題

パナリットのONAはコミュニケーションデータと人事データを組み合わせた独自のソリューション*3で、

組織間の風通し、ハブ人材の所在、エンゲージメントの状況などを、よりリアルタイムに可視化します

Engagement A.png

エンゲージメントの

リアルタイム把握

​パナリットのONAが選ばれる理由

効果的なアクションにつながるインサイト

海外企業での実証研究結果から、コミュニケーション・パターンの急激な減少は、99%の確率でエンゲージメントの低下、ひいては退職を予兆できることが分かっています。パナリットはネットワークの急激な変化を察知し、然るべきタイミングで人事や現場マネジャーが対応できるようアラートを出します。このように先進事例を元に、ただ見るだけでなく、アクションに繋げ効果を出せる分析フォーマットを提供しています。

リアルタイム性

エンゲージメントの測定に使われる手法としてアンケート等がありますが、それら従来の手法と比較しても、客観性・リアルタイム性に優れたアプローチです。

​メタデータのみの分析

パナリットが取得するコミュニケーションデータはメタデータ(メールアドレス及び送受信日時のみ)で、会話の内容などのセンシティブなテキストデータは一切取得しません。コミュニケーションのメタデータを人事データと合わせて分析することで、組織に対する理解を促します。

簡単なセットアップ

複雑な計算や分析はパナリットにお任せ。ユーザー側のセットアップはデータ抽出専用のコネクタをインストールするだけで完了します。

組織の規模、利用アカウント数、組織・人事の課題感に応じて、最適な料金プランをご用意いたします。

詳細は、hello@panalyt.comまで、もしくは下記のボタンからお問い合わせ下さい。

*1:ZaPASS「チームマネジメントに関するアンケート」(2020年12月)

*2:パーソル プロセス&テクノロジー「テレワークとエンゲージメントの関係性についてのレポートを発表」(2020年4月)

*3:ONA(組織のネットワーク分析)という手法を応用しています。ONAの詳細は弊社記事も参照ください。